風俗嬢にイジめられて

楽しいからこそ、風俗に目覚めた

完全に風俗に目覚めたんでしょうね。昔は同僚とたまに行くくらいでした。しかも自分から行くのではなくて、誘われた時にだけ行くというスタンスだったんですよ。それがです。最近では自分一人で足を運ぶようになりましたし、時には、電話してデリヘル嬢を呼ぶケースもあります。これだけ急に自分の風俗生活が変わったのは、風俗という世界そのものにハマってきたからなのかなって思います。同僚と一緒に行っていた時には、興味がないというよりも受け身だったんです。「同僚が行くなら楽しむ」という、どこか上から目線というか(苦笑)でも、今では自分から積極的に楽しみたいなって思うようになったんです。それは、積極的になった方が風俗は楽しめるってことに気付いたからなのかもしれません。斜に構えていても面白くないし、むしろ同僚からの誘いを待たなければいつ楽しめるのかさえ分からないものだったんですけど、自分から楽しむようになって、好きに楽しんでいます。

やはり風俗は「余裕」の時ですね

切羽詰まっている時ではなくて、余裕のある時こそ風俗で遊ぶベストタイミングかなと。そのタイミングでないと、いろいろと余計なことを考えてしまうと思うんですよ。目の前の風俗嬢だけに集中すれば良いのに、「あれはどうだろう」「これはどうだろう」といったように、なぜか余計なことを考えてしまって、結局それで風俗嬢だけに集中出来なかったり…では勿体ないじゃないですか。集中しようがしまいが同じ料金がかかる以上、集中して遊びたいんです。でも、仕事に追われている時はどうしても仕事のことばかりを考えちゃうじゃないですか。目の前にとっても綺麗な風俗嬢がいるのに「あの書類いつまでだったっけ?」とか自分で考えるのも何となく虚しいですよね(苦笑)だからそんなことと考えなくとも良いよう、風俗で遊ぶ時には自分自身に余裕がある時にって決めています。余裕はいろいろなものを生み出しますが、風俗でも相手の言葉を冗談で切り返した理が出来ますしね。